忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.05.28,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2008.07.04,Fri

WBLの優勝で幕を閉じたファーストステージだが、ベストイレブンという形で選手たちの活躍を振り返ってみよう。ただ、このところ公式でもいろいろな指標を用いたベストイレブンの選定は盛んであり、正直独自な視点での選定は少々難しいかもしれない(笑)


・GK

いくつかの数値でランクを見てみる。

・シュート阻止率
(被シュート数-失点)÷被シュート数から求めるパーセンテージで、これが高いほど打たれたシュートを止める確率が高いことになる。

SCM 東  聡莉 95.7%
SSS 鞠川 奈津江 94.8%
WBL 八重 花桜梨 94.8%
HAN 橘  恵美 94.2%
SKU 速水 静香 92.5%


・枠内シュート阻止率
シュート阻止率を枠内シュートに限定した数値。当然だがシュート阻止率より低くなっている。

SCM 東  聡莉 85.7%
HAN 橘  恵美 85.7%
WBL 八重 花桜梨 85.2%
SSS 鞠川 奈津江 84.0%
SKU 速水 静香 84.0%


・防御率
(失点×90)÷出場時間で求めた、一試合あたりの失点数。

SSS 鞠川 奈津江 0.36
SCM 東  聡莉 0.40
HAN 橘  恵美 0.43
WBL 八重 花桜梨 0.57
EWI 西村 知奈 0.71


・完封数
シャットアウトはキーパーの華、ということで取り上げている。

HAN 橘  恵美 9
SSS 鞠川 奈津江 8
EWI 西村 知奈 8
FCH 二階堂 望 5
DMS 香坂 麻衣子 5


・完封率
(完封数÷出場試合数)×100で求めた、そのキーパーが完封する確率。

SSS 鞠川 奈津江 72.7%
HAN 橘  恵美 64.3%
SCM 東  聡莉 60.0%
EWI 西村 知奈 57.1%
WBL 八重 花桜梨 57.1%


・平均評価点
言わずと知れた、試合毎の評価点を一試合当たりに均したもの。

WBL 八重 花桜梨 5.857
DMS 香坂 麻衣子 5.850
SSS 山下志津香 5.833
HAN 橘  恵美 5.821
EWI 西村 知奈 5.821


・出場時間数

HAN 橘  恵美 1260
EWI 西村 知奈 1260
FCH 二階堂 望 1260
SKU 速水 静香 1260
SSS 鞠川 奈津江 990


・一試合平均セーブ数
GKセーブの一試合当たりの数字。

SKU 速水 静香 18.00
SCM 御田 万里 14.67
DMS 香坂 麻衣子 14.20
FCH 二階堂 望 13.86
WBL 八重 花桜梨 13.71



こういったところか。各種ランクのトップ5を挙げている。こうしてざっと見ると、WBL八重、HAN橘、SSS鞠川、SKU速水、SCM東といったあたりが各種ランクの上位に多く顔を出しており、この辺りに絞られるだろう。ただいずれも帯に短し襷に長し、の感は否めないところ。まずSCM東は出場時間が論外だし、SKU速水はセーブも多いが失点も多い。SSS鞠川は時間と失点のバランスはいいが守備機会が少なすぎる。WBL八重は数値自体悪くはないが出場時間に不満があるのと、彼女の責任ではないが、今季最大の攻撃力を誇ったWBL攻撃陣との対戦がない状態での数値であることが気にかかる。

そうやって考えていくと、HAN橘がもっとも穴が少なく、トータルに安定した結果を残しているといえるだろう。

(拾)
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]