忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.10.17,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2007.12.06,Thu
・SCM×SSS

・もはや死角なしの感さえ漂わせるSCMがホームにSSSを迎える一戦。
SCMはここまでの戦績ももちろんだが、この先の4試合のうちFCHはWカップ3位決定戦の三日前、さらにEWIは決勝の三日前に対戦というこれ以上ない日程のアドバンテージ。両チームともベストメンバーよりはやや落としたメンバーでSCMに立ち向かうであろうことは推測できることであり、またSSSとは過去に公式戦での敗戦なしという「お得意様」。唯一TLSにやや苦戦しているがそれでも4試合で勝ち点6を挙げることは困難ではないだろう。今回も「お得意様」相手で特に意識する理由もなくいつもの形。
SSSはここまで何をやっても勝てないというとにかく苦手な相手。奇策の2バック、オーソドックスに4バックでも駄目とあって3バックに振って来た。毛一筋の可能性を、となれば「何か」を持つ寿起用しかないだろう。リーグに少しでも波乱を起こしたいところだが。


・HAN×EWI

・Wカップ決勝のプレマッチともなる一戦、出方を見るか全力か?
HANは陣形そのものは変わっていないがプレッシングを導入、主力の一部はターンオーバー。プレッシングは中盤でのボール奪取を上げるが、代わりに選手間の距離を狭めてしまうためワイドな攻撃が出来なくなるのが諸刃の剣。裏を狙う早乙女のスピードと、そこに和泉が的確なタイミングでボールを展開出来るかがカギとなる。
EWIは4バックに2トップ、快速コンビ陽ノ下、神戸をどちらも使わないのは珍しい組み合わせ。起点になれる井上を左、運動量もあって守れる森下を右にそれぞれ使い、プレスをかけない代わりにワイドに攻める形を模索する。ただ、最後のフィニッシュの部分はやはり藤堂、となるのはこれまでの戦績から鑑みても致し方ないところ。

(拾)
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]