忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.10.17,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2007.05.18,Fri
HAN×FCH

・直近の親善ミニトーナメント決勝と同一のカード。PK戦での決着とあって勝ったHANも出来そのものに納得していないだろうし、負けたFCHはリベンジに賭ける意気込みも高く、カードは同じながら双方のメンタルの違いがどう影響するか。
HANはミニトーナメント決勝のオーダーをやや入れ替えただけに留め、今回もプレスを切ってオープン攻撃を指向する。相手はサイド攻撃指向が強いFCHだけに、藤井、須藤といった両サイドがどれだけマッチアップで優位に立てるかが勝負の分かれ目。前回の決勝ではツーシャドーの神条は途中交代、高見も動きに今ひとつ精彩を欠き、攻撃の停滞を招いたとあって奮起が待たれる。
FCHはアウェー3連戦初戦とあって、勝って勢いをつけたいところ。FW藤崎を継続、右は藤崎のキープ力でタメを作り左は松浦で突破、とメリハリをつけた攻勢を企図する模様。松浦の突破力には定評があるのだが、途中交代が多いのは気になるところ。交代で入るメンバーの出来も試合を左右する要素となるだろう。DFにシャルポアでなく一文字を抜擢、高さより強さを追求した形か。DF陣は総じて強さ、高さに定評があるものの、スピードに関してはそうでもないため、スピードに長けたHANトップ下の主人をどうケアするかが課題となりそうだ。


EWI×TLS

・こちらは初顔合わせ。桜花杯では一回戦敗退ながら第一回桜花杯では準優勝の古豪EWIと新規参入ながら守備をベースにしたチーム作りと舌禍でつとに話題になったTLSの対戦。
ホームで構えるEWIは「Stars」なる新システム。3バックとダブルボランチで守備ブロックを形成、突破力のある陽ノ下・神戸の両サイドを攻守に利かせながら前線の鬼澤、音無、藤崎を軸に攻撃の形を作る。このままだとウイングの音無が陽ノ下の進出するスペースを塞いでしまう為、藤崎がサイドに流れる、あるいは前への飛び出しで中を空け、陽ノ下が中に切れ込んで相手のマークをずらしながらラストパス、シュートまで持っていく形が理想となる。
一方TLSは牧原の復帰もあってシステムに変更はない模様。守備ベースで桜花杯3位という成果を収めているが、それに限界を感じたかSCMから赤井を補強。ある意味リーグ一の「ファンタジスタ」である赤井がこのチームでどういった化学反応を見せるかにも注目だ。

(拾)
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]