忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.06.25,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2007.07.13,Fri
EWI×HAN

・2位争いとなるこのカード。どちらも前節を勝利で飾っており、なかなか止まる気配がない(なにしろ引き分けすら1!)SCMを捕まえるためには落とせない一戦。
ホームEWIは相変わらずオーダーが出ていないが、ホームであること、サスペンションがないこと、落とせない一戦であることを踏まえるとやはりバランス重視の布陣と予想。中盤でのポゼッションに課題を残すが、ここまできたらそれも些細なこと。鬼澤、音無を中心のアタッカー陣に藤崎の絡みで得点を取り、HANに土をつけたい。
SCMのペースが異常すぎて目立たないが、ここまで無敗で上がってきたHANもここは負けられない戦い。前節では開始早々の得点を守りきって勝利したが内容は押されており、やはりアウェーでの戦い方に若干課題が残るか。パットと音無のマッチアップが勝敗を分けると見る。


FCH×SSS

・ホームでの連戦となるが前節を落としているFCH、このところ連敗と元気のないSSSを迎え撃つ一戦。
FCHは陣形そのものはいつもの形。ただ強く当たりに行く局面が多いため怪我人が絶えないのがこのところの問題点。ではあるが今更スタイルも面子も変えられるものでもなく、このまま押し切るしかない。好調を持続している氷堂に期待が掛かるところ。
SSSはとうとう、というか連敗を受けて4バックに。トップ下秋穂にはいろいろツッコミどころがあるが、意図としてはFCHバックラインにプレッシャーをかけ、プレッシャーの少ない右サイドに逃がしたボールを上げた豊田で奪って数的有利を作り攻める―というところだろうがこの机上の空論はうまくいくかどうか。

(拾)
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]