忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.10.17,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2007.10.28,Sun

(10/28 14:00Kick Off 摘美浜スタジアム)

  EWI   TLS

    2 - 1

前半  0-1
後半  2-0

得点者
9分 11 風間←4 水澤(TLS)
49分 19 藤堂←13 八重(EWI)
87分 9 鬼澤(EWI)

警告
1分 19 南(TLS)
7分 7 陽ノ下(EWI)
18分 13 八重(EWI)
24分 10 藤崎(EWI)

WOM
鬼澤(EWI)
・終了間際、逆転の決勝点。やはり雨の摘美浜には何かが起こる。

・開始早々に南がイエローという不穏な立ち上がりで、その不安はあっという間に現実のものに。前半だけで実に4枚のイエローが乱れ飛び、試合終了までに3人の負傷者が出るという事態。雨ということもあってボールコントロールに難が出た影響はあったかもしれないが、双方ともに闘志が無駄に空回りした印象がある。試合の方はそのヒートアップの間隙を突く様9分、セットプレーから風間が決めてTLS先制。EWIはこれで頭に血が上ったのか、ボールは支配するものの無駄にイエローを貰い、肝心のシュートを放つ展開に持っていけないまま前半折り返し。後半早々、八重の突破から藤堂が決めて追いつくとEWIはようやく冷静さを取り戻したか、ファウルは前半より増えたもの、イエローはなくなってゲームの主導権を握る展開に。ただ守り慣れているTLSを崩すのは至難の業で、ドロー臭も漂った87分。左を抜けた陽ノ下のクロスを鬼澤、一度止められたが再度押し込んでこれが決勝点。逆転でEWIがホーム戦を制した。
EWIは勝ったが、序盤のヒートアップはどう見ても無用。挙句に付けこまれてセットプレーから失点では頂けない。ゲームコントロールとメンタルにまだ改善の余地があるか。ただ藤堂以外の選手が得点を挙げたことは次節SCM戦への好材料だ。
TLSは左に位置した南の不出来がすべて。開始早々のイエローで舞い上がったか、二失点はいずれも左サイドを抜けられてのもの。せっかくの先制点を守り切れず、守備的なチームとしては痛い星の落とし方を喫してしまった。

(拾)

PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]