忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.04.25,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2008.07.22,Tue
オーストラリア戦はアウェーの難しい試合を追い付いてよくやった、という論調なのだろうな。しかしね、終始ボールを支配して押し気味に進めて、結局最後になるまで点が取れなかった、というのはやはり決定力不足は深刻だね。
そしてその1点を取ったのも海外組の藤崎で、以前も言ったけどこれはもう日本という国家、国民的な問題なのかもしれない。確かに海外組の活躍はこのハーレンジャパンの大きな力だけど、海外組が絶対、みたいなのもどうかな。国内組の選手もここまでハーレンジャパンを引っ張ってきたのは間違いないんだから、もっと「むほん気」を出して「海外組が何だ!」という気概が欲しいね。
しかし今回一番失望したのは清水だった。終了間際のあれはないよ。ブラジルのストライカー、いやブラジル人なら誰でもあれは自分で打ちにいくし、打たなきゃ駄目。しかも清水はセリエで得点王取ってるんでしょう。僕はヨーロッパのサッカーを詳しくは知らないけど、得点王ってことはみんなゴールを期待してボールを集めてきてる。海外で得点王を取っても、日本人で集まる代表の中では遠慮が出てしまうのだろうか。だとしたらやはり民族的な問題は根が深い。
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]