忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.11.23,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2008.03.19,Wed
SKU×SSS

・連戦となる九州ダービー、舞台を大分に移しての第二幕となる。
SKUは鬼門マグパイでの連敗を止めたがシュートに至れない展開で、攻撃陣の奮起が期待されるところ。実にPSMから続けて無得点でもあり、梃入れに鬼澤姉妹をツートップで起用。左右に開く流れを作ってDFを掻き回し、空いたスペースに難波、伊集院といった飛び出しに味を見せる選手の進出からゴールチャンスを作りたい。
SSSは前回、内容で圧倒したとはいうものの、これまで負けたことのないホームでの引き分けは「負けに等しい」と言える。前線にはこのところ湿りの見える千鳥を諦めて新井、早乙女の強さと速さの組み合わせでゴールを目指す。早くもターンオーバーを明言しているがどう出るか。


FCH×HAN

・前回の対戦では大差がつき、ほぼ結果は見えたカードだがさて。
FCHは3トップ、「バルサシステム」で挑む。このところ組んでいないため実戦では未経験のメンバーもおり、連携等に影響を残す部分は避けられないが、4点を引っくり返すには多少の強引さは必要で、これもやむなしか。ただ3バックは構造的にサイドが脆くなるため、そこで優位に立ち、少なくとも先取点、出来れば前半で2点は取りたいところ。
対するHANはやや余裕の持てるところで、3トップ片側にウインガーの和泉恭を起用は準決勝以降を睨んだテストの意味合いが強いか。ただ、ファーストレグで4点を取れたということは、同じことが相手に起こらないと断言できるわけでもなく、注意は必要だろう。先に1点取って戦意を挫きたい。

(拾)
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]