忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.10.17,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2008.03.16,Sun
SSS  0-0  SKU

・九州ダービーとなった一戦、ホームSSSがドリブル突破から流れを作り、少ない手数から多くのシュートを放つといういつものパターンに持ち込んだがゴールを割れず。SKUは支配率で上回ったがシュートチャンスをほとんど作れない厳しい展開となってしまい、その中でスコアレスドローに持ち込めたことは充分な収穫といえるだろう。次をホームで戦えるSKU、1点取れば引き分けでも抜けられるSSSのどちらが有利か見解は分かれる所だ。


HAN  4-0  FCH

・意外な大差となったゲーム。前半15分に失点したものの前後半通じてペースを掌握していたのはFCHだったが、前半だけでオフサイドを3つ取られるなど攻勢が空回り、反撃の糸口を掴めずにいる間に後半22分にも失点を許すと緊張の糸が切れたか、その後10分間で2失点を許し試合を決定付けてしまった。エース千鳥のスランプが長引いているのはやや懸念どころか?
HANはペースを奪われる難しい立ち上がりながら、辛抱して守り抜いたことが先制点に繋がった。昨季後半から爆発的な攻撃力を見せる試合が散見しているが、この日もパターンに嵌った試合。3トップの連携が上手く行っており、少ない手数ながら大量得点を得る結果となった。


EWI  0-0  DMS

・前半はどちらも低調だったが、後半になってホームEWIが攻勢を加速。だが結局ゴールを割るには至らずスコアレスドロー。
EWIは崩す形はできていたがフィニッシュに精度を欠いた。藤堂に碧川を付けられ、高さを無効化された影響はあったようで、もう少しオプションが欲しい。内容は悪くないが、引いてくる相手であればそれは想定内でもあり、内容はともかく一点が欲しい。
DMSは引き分け上等で挑んでいるだけに結果自体には御の字か。ただ、この日の試合を見る限りではゴールへの道筋が遠いのは明らかなところで、無失点に抑えてのPK戦か、あるいはセットプレーからの牧原の一発に活路を見出すか。


SCM  1-2  WBL

・ジャイアントキリング、というべきなのかどうか。二年前ならばこの結果はむしろ「順当」だったはずで、栄枯盛衰を思い知らされる。ホームSCMのペースで進んでいた試合だったが、前半終了間際に左のクロスを陽ノ下が押し込んでWBL先制。後半に入ってお互いにセットプレーの零れから1点づつ取り合いそのまま試合終了。少ないチャンスをモノにしたWBLが勝利を収めた。
SCMは内容的によく進めてはいただけに、御田のパンチミスから招いた1点が重いものとなった。里仲、本田はこれまで低い位置での起用が多く、裏を狙わせるのも不発に終わった印象。昨季後半から今ひとつだった神条がゴールを挙げたのは好材料、復活に期待がかかる。
WBLは効率よく得点を奪ったが、思うようにボールを廻せず試合を作れなかったのは反省材料。ただPSMから掲げている中盤の守備はよく機能しており、この状態を持続してホームへ帰りたい。井上の代役と目される藤崎はこの日のパフォーマンスはよかったが、位置が上がった場合どうかが焦点となる。



ベストイレブン

・さていつまで続くか(笑)基準は評価点6.5以上、あと特筆すべき活躍があれば考慮。同じ評価点なら出場時間も勘案。
で、早速だがGKとFWとDFに6.5以上がいない、もしくは足りない。
とりあえず7.0の藤崎(WBL)と川添(SCM)は当確、そうすると川添の位置的に4バックにするしかないのだが、ストッパーに6.5以上がいない(二人いるがどちらも途中出場、30分以上さえも出ていない)。仕方ないので6点台から完封に貢献しているHANの3人を抜擢、小回りの利きそうな水島を右サイドバックに回す。FWは神条(HAN)のみが6.5。こちらも止むを得ないので6点台から2得点の高見(HAN)と1アシストの松浦(WBL)を抜擢、松浦はMF位置での起用だったのでそれに合わせる。GKも最高で6点台だが、完封したキーパーの中からセーブ、被枠内シュートとも最大だった速水(SKU)。中盤は底にパスカット57を達成したWBLの藤崎・桂木コンビを選出、攻撃的ハーフは主人(HAN)。フル出場していれば陽ノ下(WBL)の目もあったか。

で、並べるとこう。


      高見    神条

松浦                主人

      藤崎    桂木

川添                水島
      八重    藤堂

          速水


やはり4-0という結果は攻撃陣・守備陣とも評価が高く、HAN勢6人の大量選出は致し方ないところ。後は勝ったWBLから3人とそれに次ぐ数字となっている。SCM川添は初出場初選出、ちなみに昨季のDF別ランキングではSCM所属、もしくは所属歴のある選手が軒並み上位を占めており、それに次ぐ存在となるか。SKU速水は今季も多くのセーブ数を稼ぎそうな勢い。

(拾)
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]