忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.06.25,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2008.03.19,Wed
DMS×EWI

・前回はスコアレスドロー、今回で決まる一戦をホームで戦えるのはDMSにとって有利か否か?
DMSは前回、終始押される展開ながら藤堂に仕事をさせないというタスクを完遂し、計算通りにスコアレスドローで納めている。ただ、それもこのホームの一戦で勝てなければ水泡に帰してしまうためより以上の集中が必要となる。陣形は同じ、前線に昨季のチーム得点王風間を起用。チャンスが少ないのは明らかなところであり、やはりセットプレーからの一発か。
EWIも陣形は不動、怪我明けの日向を右アウトサイドに起用は初の試みか。守りはともかくとして、攻撃の出足は若干気になる。相手が守備的なこともあり、1点取ればほぼ決まるが、無得点の時間が長引くようだと前掛かりになってカウンターの術中に嵌る懸念はある。藤堂にはマークが厳しいながら、それを振り切っての活躍が求められる。


WBL×SCM

・アウェーで勝利を収めたWBL、強豪と言われた時期は長いが、こと桜花杯に関しては過去二回とも一回戦で消えている。悲願の一回戦突破なるか?
WBLは井上の負傷を受けて藤崎をその代役に抜擢、元々この位置でプレーしていたこともあって迷いは少ないはずだが、システムを変えて以降は下がり目の場所が定位置ということもあってその辺りの意識がまずはどうか。しばらくホームで勝てていないこともあり、このあたりで凱歌を上げたい。
SCMは今回いつもの4-4-2。川崎、神条といったあたりはWBLの高いライン裏を狙う動きを求めてのもので、そこにボールを出せる美咲、前線で起点になって使う側にも回れる桐屋。この4人のコンビネーションで崩していきたい。

(拾)
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]