忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.10.17,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2007.04.08,Sun
(4/8 14:00Kick Off モナコ・スタジアム)

  FCH  SKU

    1 - 2
前半  0-1
後半  1-1

得点者
35分 80 白雪
67分 4シャルポア
84分 8 片桐

警告
88分 6 桂木(FCH)

WOM
新堂(SKU)
PSMで動きの良かった松浦を封殺、八重にも睨みを利かせ続けFCH左サイドを無力化した功績は大きい。

・所詮PSMと言ってしまえばそれまでだが、ここまで勝ちのない両チーム。お互いここを足場にこれまでの雰囲気を一掃したいところ。
序盤はホームFCHがペースを握り、トップの藤堂に合わせる形でゴールを目指す。SKUはそれを受けながら両サイドのギャップを突いて返す流れだったが前半35分、SKU。右からエリア内に侵入した来須との連携で抜け出した白雪のシュートがゴールを揺らしてSKU先制。
後半開始早々、FCHはマッチアップの新堂に封じられた感のあった松浦に代えて陽ノ下を投入、局面の打開を図る。後半も引き続いて藤崎を基点にしながら押し気味に試合を進め、後半22分。コーナーからシャルポアが合わせてFCHが同点に追いついた。ホームということもあり俄然ヒートアップするFCHだが、SKUも必死に守り、ドロー気配も濃厚になってきた後半39分。川崎のパスを二列目から追い越す動きで難波が受け、絶妙のスルーパス。投入されて3分の片桐がこれを決めて緊迫した試合に終止符を打った。
SKUはこれ以上ない展開でホームへ帰れることとなったが、セットプレー時の対応にはまだ課題が残っている。ポゼッションを握れないのもやや気になるところだ。
一方FCHはアウェーゴール2点を奪われての敗北と苦しい流れ。一回戦突破には2点以上を取って勝つことが最低条件となったが、この試合でFW陣は不発とあってどう梃入れするか。

(拾)
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]