忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.08.21,Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2007.04.22,Sun
(4/22 14:00Kick Off ディエトロモンティ)

  TLS  SCM

    0 - 1
前半  0-0
後半  0-1

得点者
87分 7 橘(SCM)

WOM
橘(SCM)
ドロー臭漂う終了間際の決勝点は貴重なアウェーゴール。決勝進出への大きな一勝をもたらした。

・両チームとも桜花杯では無失点と堅固な守備を誇り、選手間の因縁も色濃い一戦、凱歌はどちらにあがるか。
ファーストレグ、しかもお互い相手の出方を伺いたい考えもあったか静かな立ち上がり。前半45分で両チーム合わせてもシュート一本と派手なシーンこそ少ないものの緊迫感に溢れた前半となった。
後半になって、ホームということもあったか前半終了間際からボールを支配しだしたTLSが徐々に攻勢に出るが、やや痺れを切らした形になってしまった。アウェーということもあって受けて立つSCMもそこは織り込み済みで、TLSの攻勢を受け流していく。ドローも見えた後半42分、左から抜け出した野咲のクロスに橘が飛び込んでゴール、これが決勝点となった。
TLSはあと3分踏ん張れば、ではあるがこの時間帯はもっとも試合が動く時間帯。そこを踏ん張れるか否かはやはり経験がものをいう部分で、同時に今後の課題ともなるだろう。攻勢に出た後半、決め切れなかったことが響いた。
一方SCMは攻勢を凌ぎ切って無失点で3連勝。今現在攻守ともに充実しており、穴が少ない状態だが、一点差ということもあって油断は禁物。攻守のバランスを取って決勝進出を決めたいところだ。

(拾)
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]