忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.10.17,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2007.12.02,Sun
・SSS×HAN

・セカンドステージ後半に入って勝ちなしのSSSと前節5点を奪って大勝のHANが相見える一戦。
SSSは使用頻度の高い2バックで、トップ下沢渡の配球に賭ける形。松岡、春日を組ませるツートップは初の試みで冒険の度合いが高い。二試合続けてのOGと不名誉な記録も継続中で、その更新といった試合以外の部分も微妙に気になる。キャプテン秋穂の後半戦初スタメンのみが朗報か。
HANはこのチームには珍しい4バックで神条、高見をスタメンから落とすのはウインターカップを意識した形か。攻撃の方はトップに起用する和泉(恭)のサイドからの仕掛けを基本線とするパターンとなる。ただ慣れていない4バックではあるので、守備陣の連携にはやや難があるのは否定できないところ。仕掛けるのとは逆サイドの右スペースを生かせるかどうかがおそらくこの試合を分けるだろう。


・EWI×FCH

・先のウインターカップで死闘を演じたチームの同カード。お互いそのときの記憶は未だ鮮明なはずで、その意識が試合にどんな影響を落とすのか、それをどうコントロールするかが課題となる。
EWIはここでターンオーバー。バックラインにシャルロット・ポアロ、咲野という組み合わせで、どちらも初スタメンとあっては不安を感じるのは致し方ないところか。となると攻撃陣の奮起がいつも以上に求められるところで、鬼澤に掛かる期待は大きい。
FCHはWカップ同様に千鳥、熱姫を組ませるツートップ。カップ戦では結果を出せなかっただけに汚名返上といきたいところだが、攻撃の大部分を牽引してきたマオ、藤崎の不在は気になる。加えて、波多野・来須のバックラインは出場が少ないこともあり、連携を含めて不安は残るため、桂木・水島も重心を後ろに置かざるを得ない展開になるのは否めないところで、お互いに攻め切れない展開になるのではないか。

(拾)
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]