忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.07.21,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2007.10.17,Wed
・TLS×FCH

・勝ち点には一点差があるものの、得点・失点とも同じという両チームの対戦。
TLSは元来守備的なチーム、とは言いながら先のSKU戦では敗れこそしたものの後半に猛チャージを見せた。その勢いをこのホームに持ち込めるかが見もの。このところよく使っている3-5-1-1で、負傷の栗生に代えて沢田を使う。また、初スタメンの岬にも注目したい。守備的な部分はやや厳しいが、チャレンジングなパスを出せるため、守備的に戦うTLSの「飛び道具」となる可能性は十分にある。
FCHは前節逆転負けを喫しており、今回はその厄払いと行きたいところ。千鳥、マオのホットラインは健在だが、今まで引いて守る相手を崩し切れていないのはやはり懸念材料。今季から取り組んでいる4バックは両サイドバックの動きが今ひとつ重いときが多く、特に守備的なTLS相手となればサイドからの崩しが必要なのは言うまでもなく、サイドバックの果敢な攻撃参加が求められる。


・SKU×WBL

・セカンドステージでの初勝利を上げて意気上がるSKUがホームにWBLを迎える試合。
SKUは前節、少ないタッチからシュートに結びつける速攻を成功させて二点を取り、TLSを一蹴している。もともとポゼッションに活路を求められるメンバーではないだけに、この速攻主体の攻撃を軸に戦術を熟成していきたい。またカップ戦では敗れたが、難波の飛び出しは終始利いており、3トップに上手く絡んでいけるようだと面白い展開になりそうだ。
WBLも控え主体とはいえ、現時点で最強チームといって過言でないSCMを3-0で降して勢いに乗った。カップ戦で得点を挙げたルーキー羽柴を3トップの真ん中に起用するが、やや線が細いか?ただSKUは一対一に強いDFを真ん中に置かないため、案外効果的かもしれない。注目は本職の左で起用の七瀬か。スタメン起用の開幕戦では不本意なパフォーマンスに終始しており、ファーストステージDFランクトップの本領を発揮できるか。

(拾)
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]