忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.10.17,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2007.10.22,Mon

(10/21 14:00Kick Off マグパイ・パーク)

  SSS   SCM

    0 - 2

前半  0-1
後半  0-1

得点者
8分 9 桐屋←21 咲野(SCM)
48分 9 桐屋(SCM)

警告
50分 20 春日(SSS)
85分 5 宗像(SCM)

WOM
桐屋(SCM)
・全得点を叩き出す活躍で勝利に貢献した。

・3連勝と波に乗るSCMはこの日も開始早々、8分にCKから桐屋のヘッドで先制。このところ3連勝のパターンに則った試合で展開を優位に運ぶ。SSSは秋穂の欠場が響いたか中盤の出足が悪く、いつもの高い位置でのパスカットから前線へ、のパターンが嵌らず終始ペースを握れないまま。結局後半開始早々にもSCMが桐屋のドゥッピエッタで追加点、首位を堅持した。
SSSは直近4試合では3勝1分けと好調だったが、5連戦の最後で特に見せ場を作ることもなく敗戦。攻撃陣もファーストステージと比べるとやはり低下の感を免れず、陣形や面子の見直しを考えるべきかもしれない。
SCMは文句をつけたらバチが当たる出来と言って差し支えないだろう。桐屋、一文字のツートップは満遍なく得点を挙げ、守っては御田が無失点をキープ。ただリーグ戦での勝利はすべて早い時間帯で得点を奪ってのものであり、それを挙げられるチームの強さはあるにしろ「先制点の有利さ」が常にあったことを忘れるべきではない。このパターンに嵌らなかったときにどうなるかが見ものではあろう。

(拾)

PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]