忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.06.25,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2007.11.03,Sat
・SCM×EWI

・先のFCH戦でようやく連勝は止まったが、ロスタイムで追い付いて同点と却って底力を見せ付ける結果となった首位SCMは未だに不敗をキープ。ホームにEWIを迎え撃つ。
EWIは数日前のカップ戦で同カードSCM戦を3-0と一蹴しており、首位撃破に向けて意気は上がるところ。ただそのSCMオーダーは控え主体ということもあってあまり鵜呑みには出来ない。森下欠場に関しては神戸を起用、前線に藤堂と鬼澤という主張の強いツートップを並べる。リーグ戦では3試合連続得点中の藤堂、EWI総得点のほとんどを叩き出しているこの当たり外れがすべて。供給もほぼ藤崎からではあるが、ここまで使って来なかったCF二枚の組み合わせが果たしてどう出るかが見所。
SCMは少し歪めたボックスの4-4-2。当たりの強い方ではない美咲を左に配することで圧力から逃がして長所を生かす構えか。CF桐屋に組み合わせるのは陽ノ下、右に位置しているため丘野との被りがやや懸念か?外に流れる動きを丘野と連動して行うことでマークの混乱を招きたいが、陽ノ下はセカンドステージでここまで出場がないのは連携上やや気がかり。


・HAN×WBL

・先のカップ戦で決勝トーナメント進出を決めたHANがWBLと対戦する一戦。現状SCMの下には勝ち点4の中に6チームがひしめくラッシュアワーで、上位グループに割って入るにはどちらも勝ち点3が欲しい。
HANは一応ツートップだが、形としては3トップの片側を下げたというほうが実情には近いか。リーグ戦では2試合続けて3点、2点と重ねて得点を奪っており、両方の試合で得点に絡んでいる神条の活躍に期待が掛かる。高見負傷は痛いが、そこを何とか超えたいところ。
WBLは攻撃陣には元気がないながら、守備ではリーグ二位と堅守を誇っており、このストロングポイントを生かしたい。前線の組み合わせは悩ましいところだが、綾崎と羽柴を傾かせて合わせる形に。左に張る佐野倉は前線へ飛び出す形になることが予想される、となれば藤崎のラストパスに期待したい。

(拾)
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]