忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.08.21,Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2008.04.28,Mon
SSS×SKU

・早くも今季3回目となる九州ダービー。ともに無得点未勝利のチーム同士、ここを切欠にしたいところだが。
SSSはサイド攻撃からの得点が上がっていないことを重く見たか、慣れたダイヤの4-4-2。中盤の底に沢渡を配して攻撃の起点にするが、守備のことを考えると永倉、青葉、弥生の3人のフォローが大事。前線は千鳥と寿で組み合わせる。
SKUは前節惜しいところまで耐えたが、終了間際に失点で敗戦。守備はそのままに前線を入れ替え、活性化することで得点を目指す。5位以下の4チームに共通しているのが枠内シュートの少なさで、一試合平均3本以下とあっては相手GK、守備陣にプレッシャーを掛けられないため、改善したいところ。ただ、「枠内に打て」といって改善できる類の事象でもない為、ここをどう考えるかは判断が分かれるだろう。


SCM×EWI

・現時点での首位攻防戦。
SCMはホーム開幕戦、美咲の負傷を受けてシステムを4-1-4-1へ。前節大当たりの一文字はベンチスタート、これはシステムに合わせた交代だが勢いを削ぐ結果にならないかがまずは懸念どころ。EWI陣形の特徴である左ウイングを意識し、そこからの攻勢を封殺するパターンを狙う。
EWIは2試合続けての終了間際での勝利、粘り強さを見せているが、今回は前線を入れ替え。焦点の左ウイングには音無に変えて鬼澤だが、どちらかといえばストライカーの鬼澤をこちらに配する形がどう出るか。


HAN×FCH

・前節はホーム開幕を飾れなかったHANと、ようやく川口新監督で勝利を得たFCHの対戦。
HANは前節、内容的には押し気味に進めたもののゴールを割れず、また主人負傷もあってダイヤの4-4-2、前線を伊集院と和泉(恭)で組むのは高見、神条のターンオーバーも含む意味合いか。サイドチェンジとポジションチェンジを繰り返しながらマークをずらし、まずは主導権を掴みたい。
FCHは勝った後だが、ほぼ対戦相手の自滅という部分も踏まえてか4-5-1と変化。こちらもマオあたりをベンチスタートはターンオーバーを睨んでのものだろう。氷堂、松浦はサイドバックにマッチアップする形になることを考えると、藤崎はもちろんだがそれより下の水島や白鳥が攻撃に絡む展開を作りたい。


WBL×DMS

・前節はある意味「一人相撲」になってしまった感のあるWBL、上位追撃にこの一戦は落とせない。
野崎、藤崎出停と3節にしてスクランブルモードのWBLだが、ここでDMSというのはある意味幸いというべきか?好調な前線は固定、バックラインも野崎を清川に代える位で大きな動きはなし。大当たりが続く後藤の継続に期待が掛かる。
DMSはウイングの神谷が帰ってくるが、今度は牧原が出場を回避、代役には沢田。ただ牧原不在のDMSは沢田、栗生といった選手がきっちり仕事をこなしており実は結果が出ている。守備的なチームとしてはこのところ大当たりの後藤を抑えて名を上げたい。

(拾)
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]