忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.08.18,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2007.08.03,Fri
EWI×WBL

・前節の勝利で優勝への望みを繋いだEWI、WBLをホームに迎える一戦。
EWIは前節、大幅に入れ替えたメンバーで大勝とあってこの結果がスタメンの選考にどう影響を与えるかが見もの。2得点の藤堂を軸にしながら、案外連戦となっている鬼澤を休ませるか?陽ノ下がサスペンションでEWIの誇るスピードスター二枚看板が揃わず、またやや疲労気味の神戸は怪我持ちとあって使いどころが悩ましい。残り3試合を見据えながら目先の一戦も勝たなければならないという難しい状況が続きそうだ。
WBLは前節追い付かれての引き分け。井上は負傷、佐野倉、陽ノ下にも疲労が見え始めており、こちらもやりくりが難しい。後半に入って好調の草薙も4試合連続スタメン、かつ前節はあまりよくないパフォーマンスとそろそろ休ませどころか?これまで出場の少なかった朝日奈、あるいは綾崎あたりにトップ下の役割が回ってくるか。

FCH×TLS

・前節追い付いて引き分けに持ち込んだFCH、ホームにTLSを迎え撃つ。TLSはこの先上位の混戦具合によっては優勝もありえないことではなく、そのためには一戦たりとも負けられない。
FCHはラインを低く取ってスペースを与えない構え。これが普通の相手なら押し込まれるところだが、あまり攻撃的ではないTLSならそのリスクも少ないという判断か。このところシステムが一定していないきらいがあるが、セカンドステージに向けてのシステムの模索という一面もあるか?やはりチーム得点王熱姫に期待が掛かる。
TLSはいつもの陣形、牧原不在の穴を埋めた沢田、栗生といった面々がベンチというのがややもったいないか?ただ攻撃的に前に出てくるFCH相手ということもあり、その出係りを捉えて決定機、ひいては得点に結びつける―そういう流れが予想されるが、それで勝ち切れるのか、というジレンマは付いて回る。まだ僅かながら優勝の目は残っているだけに難しいところだ。

(拾)
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]