忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.10.17,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2007.08.22,Wed
WBL×TLS

・前節SCMに破れ、内部ではお家騒動が勃発と気の休まるところのないWBLのホーム最終戦。新規参入の2チームにはリーグ戦で勝てていないこともあり、セカンドを睨む意味からも落とせない試合となる。
WBLはお家騒動の影響で元RMS選手を起用しないという荒療治。ただそのため負傷の綾崎、神戸を酷使せざるを得ず厳しい戦いとなる。交代要員の投入もないということで、選手達の身体面は大いに心配される。特色であるドリブル突破に活路を見出す流れだが、負傷の神戸にそれを期待するのは荷が重い、となると右の陽ノ下次第、ということになるだろう。
TLSはいつものオーダーにCF二枚という形。守備的な形は変わらないが、怪我人の強行出場があり、また交代もないWBL選手のパフォーマンスは時間が経つほど低下するのは疑いないところで、持久戦に持ち込んで勝機を掴みたい。


SKU×FCH

・HANに引導を渡す大金星を挙げて意気上がるSKU、ホームにFCHを迎え撃つ。WBLの結果次第では最下位脱出も有り得るだけにここを勝ち切ってセカンドに繋げたい。
SKUはまだオーダーが出ていないが、前回の陣形を踏襲するのではないか。難波不在は地味に痛いが、このところ伊集院が調子を上げており、センターハーフには人材が揃っているだけに、中盤の攻め上がりに活路を見出したい。
FCHもオーダーが出ていないがやはり3-4-3か。2試合連続で無失点と守備陣は安定を見せ、また前節無得点だっただけに攻撃陣には期待のかかるところで、休養できた熱姫の起用はあるだろう。ただ順位的にモチベーションの上がりづらい状況が選手達のメンタルにどう影響するかが気になるところだ。

(拾)
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]