忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.10.17,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2007.06.01,Fri
EWI×SSS

・先の桜花杯一回戦のカード再び。星自体は一勝一敗の五分だったが、ホームで大敗を喫したこともあり、EWIはここでリベンジを果たしておきたいところだが。
EWIは開幕からまだ2試合ながら選手の故障に泣かされており、今回はダブルボランチの日向、綾崎が負傷により欠場が濃厚。登録メンバーで考えるなら早乙女、石橋ということになるが実戦での経験にやや不安がある、となればまだ場馴れしている井上、森下を並べるという選択もありだろう。ホームの利を得て攻撃的に、と考えるならむしろ理想的かもしれない。ただ連携面での難は否めないところで、復帰する陽ノ下、神戸、音無の活躍に期待をかける。
SSSは依然として2バックを崩さず。今のところ目立って大崩れはしていないが、やはり安定感に欠ける部分が非常に大きく予断を許さない。勢いに乗ると手が付けられなくなるだけに、先取点が勝負の分かれ目になる。


WBL×HAN

・開幕からともに勝ち星に恵まれない両チーム、ここを上昇の切欠にできるかが注目の的。
WBLは先の試合では内容的に遜色はなかったものの苦杯を舐め、さらに桜花杯から続く不調に、GK八重のCB抜擢という荒療治でカンフルを打つ。また前線には佐野倉、松浦のスピードコンビ、井上不在の司令塔には動ける朝日奈を抜擢、動いてのかき回しを狙う。八重個人は優秀なプレーヤーであるが、「八重のいないゴールマウス」が敵味方の心理面も含め、双方に与える影響は気になるところ。
HANは勝ち切れてこそいないものの守備陣は至って堅固で安定感のあるところを見せているだけに、上手く攻撃力の上積みを重ねたいところ。今回は1トップ2シャドーの形でサイドからの攻撃を狙うが、和泉、高見とも圧倒的なスピードでサイドを切り裂く、というタイプではないだけに彼女らのキープを起点にした後ろの押し上げ、攻め上がりといった部分を確実にこなせるかどうかが鍵になる。

(拾)
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]