忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.10.17,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2007.12.10,Mon

(12/9 19:00Kick Off フェンスティエレ・スタジアム)

  SCM   SSS

    0 - 2

前半  0-0
後半  0-2

得点者
71分 9 千鳥(SSS)
86分 9 千鳥(SSS)

警告
なし

WOM
千鳥(SSS)
・開始すぐの悲劇が尾を引いたか敵味方とも動きが重くなっていた中、途中出場で「KY」な二点を挙げ、SSSの対SCM初勝利に貢献した。

・SSSはSCMのDF陣を封殺すべく4人をマークに割き、ハードな当たりを繰り返したが開始5分、並木が野咲を倒し、これが全治二ヶ月を要する大怪我となる。開始すぐのこの事態はお互いの選手の心理面に影響を落としたか、前半SCMが放ったシュートはわずかに1本で、SSSの放った5本のシュートはいずれも枠外という低調ぶりで前半折り返し。後半にはSSS松岡、弥生もタックルを受けて負傷と、ノーカードながら微妙に荒れた展開。得点が動いたのは後半26分、松岡に代えて投入された千鳥が春日のスルーに反応、DFを抜き去ってシュートを決めSSS先制。この後SCMは水無月を下げて一文字を投入、攻勢に出るが終了間際の後半41分にはまたも千鳥が遠藤のスルーに抜け出してゴール、試合を決めた。
SCMは敗れたが、これまでのペースで考えれば残り3試合で勝ち点5はそう難しいミッションではないように見える。ただ、評価点ランキングDF部門での上位常連であり、また出場時間も多い野咲を欠いての残り3試合をどう乗り切るかは意外に難しいところかもしれない。野咲に及ばないにしても江藤、天野でその穴をどこまで埋められるかが今後の展開を左右するだろう。
SSSはアグレッシブなディフェンスをその売りにしているが、アグレッシブとラフプレーを履き違えている節があり、それが今度の悲劇を引き起こしたのではないか。前節もクリーンなプレーに徹するHANに対しファウルで止めるプレーを繰り返しており、「選手たちの技術が低いからやむをえない」といったことを言い訳にせず、紳士的なプレーをしてもらいたいものだ。

(拾)

PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]