忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.08.18,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2007.12.10,Mon

(12/9 19:00Kick Off ポートフェリオ)

  HAN   EWI

    0 - 2

前半  0-1
後半  1-0

得点者
24分 8 神戸←17 井上(EWI)
85分 11 赤井←7 主人(HAN)

警告
13分 26 藤井(HAN)

WOM
赤井(HAN)
・この日、EWIゴール前に立ちはだかりシュートを阻み続けた西村の堅陣を破る価値ある一発。スーパーサブここにありを見せ付けた。

・ウインターカップの前哨戦も手伝って、お互い手の内を微妙に隠しながら腹の探りあいで序盤は進む。膠着した試合が動くならそれはやはりセットプレーであり、前半24分。コーナーから神戸が合わせてEWI先制。後半になってホームHANは一点を追い俄然ヒートアップ、苛烈な攻勢を叩きつけていくが、放つシュート、上げるクロスのことごとくをGK西村が制し、HANの攻勢を最後の一線で食い止める。結局EWIゴールは割れず、このままタイムアップも見えた後半40分。途中投入の主人、赤井のコンビが見せ場を作る。主人のショートパスを受けるや否やエリア外から赤井が振り抜き、これが決まって同点。ドローで内容の濃い試合は終了した。
HANはプレッシングを導入したことで中盤の出足がよくなり、ボール奪取が好転したことで攻勢を続けることに成功した。ただ、プレッシングは同時にワイドでオープンな攻撃の放棄も意味してもおり、この先どうするかは興味深い。
EWIは逆にプレスを切ってワイドな攻撃を指向したが、今回は今ひとつ。中盤でのボールロストが目立っており、ドリブルでの単独突破を多用したがその先、フィニッシュにあまり至れなかった。プレスを捨てる形ならスピードのある陽ノ下、神戸を使う形のほうが嵌るかもしれない。

(拾)

PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]