忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.06.23,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2007.11.25,Sun

(11/25 14:00Kick Off フェンスティエレスタジアム)

  SCM   SKU

    2 - 4

前半  0-2
後半  2-2

得点者
13分 37 来須←81 伊集院(SKU)
33分 81 伊集院←7 一文字(SKU)
61分 37 来須←83 御田(SKU)
62分 11 波多野(SCM)
68分 22 川崎←35 九段下(SKU)
81分 5 宗像(SCM)

警告
52分 13 日向(SCM)

WOM
来須(SKU)
・先制点を含むドゥッピエッタで首位SCMを沈めた。

・SCMはDFラインを大幅にターンオーバーで連携に不慣れがあったか序盤動きが重く、アウェーSKUがペースを掴み13分、九段下→伊集院→来須と繋ぎ、来須がこれを決めて待望の先制点。さらに33分には一文字のスルーに抜け出した伊集院がこれを決めて追加点、2点リードで前半を折り返す。こうなるとSCMも大勢を覆すのは難しくなってしまい、後半はお互いに点を取り合ったが4-2でSKUが勝利、アウェーながらジャイアントキリングを果たした。
SCMはこのところ内情が見えにくいこともあるが、最下位とあってターンオーバーに出たのが結果として裏目に出た。カップ戦でも結果を出せていなかった鈴木、伊集院といった部分の起用は批難されても致し方ないところ。SCMの場合、負けた試合はカップ戦を含めて「捨て試合」が多いのは余裕というか驕慢というか。ただ、「一強残弱」だったリーグ優勝の行方が少しだが面白くなった、という面では評価すべきか。
SKUは前節から陣形をオーソドックスなものにして一定の結果が出るようになっているが、今節は首位SCMとはいえカップ戦全敗のSCM、の方であるだけに過信は禁物。ただ首位を倒したという結果そのものは誇るべきだ。

(拾)

PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]