忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.08.18,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2008.04.21,Mon
いよいよ開幕となったファーストステージ、まずは結果から。福岡のSSS×SCMはお互いにサイドを突き合うというかつてない流れになったが、双方決め手を欠きスコアレスドロー。スーパースワンスタジアムに改称した新潟でのEWI×HANは終了間際の1点でEWIが競り勝つ。モナコ・スタジアムではホームFCHが押したが香坂がこれを凌いでのスコアレスドロー。栃木でのWBL×SKUは後藤のハットトリックで3-0、WBLが強豪復活への狼煙を上げた。


順位表(第一節終了時)

順位

チーム

勝点

WBL

EWI

DMS

FCH

SCM

SSS

HAN

-1

SKU

-3



ベストイレブン

3-0で勝っているWBLの陣形に当てはめ、評価点6.5以上で選ぶとこんな感じ。


                       後藤
               羽柴
                      井上
           主人                渡井(SCM)

                 千葉  藤崎(WBL)

           加藤(FCH)          咲野
                   鞠川(FCH)

                   香坂

前線二人とバックラインは確定、中盤もWBL3人は確定。サイドプレーヤーがいないため、運動量があってサイドをこなせそうな渡井、スピードがあって代表でもサイドを守る主人を選出。キーパー香坂は評価点こそ6.0だが、6.5の二階堂より多くのシュートを防ぎ、さらに多くの守備機会をこなしている(セーブ数が多い)ことを重く見ての選出だということをご理解頂きたい。


MVP:後藤(WBL)
ハットトリックは文句なし。3得点全てノーアシストというのも嗅覚と決定力の表れだ。

MIP:香坂(DMS)
勝利にこそ繋がらなかったが、チームの守備的な戦術を支えアウェーでの勝ち点1に尽力した。

(拾)
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]