忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.06.25,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2007.06.25,Mon
(6/24 19:00Kick Off フェンスティエレ・スタジアム)

  SSS   TLS

    2 - 0

前半  1-0
後半  1-0

得点者
18分 17 御手洗(SSS)
67分 16 早乙女(SSS)

警告
28分 8 神谷(TLS)
73分 12 向井(TLS)
90分 15 本田(TLS)

WOM
御手洗(SSS)
・守備では左サイドをケア、攻撃ではゴール前まで攻め上がりゴールを決める。その活躍はまさに「2バックの申し子」。

・前節九州ダービーをドローで終えたSSS、初顔合わせのTLSとの一戦。TLSは牧原、楠瀬が不在とあってドロー狙いもやむなしか?牧原の代役沢田の出来に期待。
オープニングシュートはTLS、開始後すぐに沢田が放った長いフライスルーに風間が反応していきなりSSSのアキレス腱たるDF裏を狙う。これは鞠川の好判断で逃れたが、波乱を予感させる幕開け。その後はTLSがボールを支配はするものの速攻を受ける展開となり、どちらがホームかよくわからない状況となったが試合が動いたのは前半18分。大きく右に開いた清水がボールを受けてゴール前に放り込み。これに松岡が競り合って零れたところを、清水の開けたスペースに走りこんできていた御手洗がダイレクトで決めてSSS先制。その後も支配はされるものの敵陣に押し込んで奪うという2バック独特の展開で押し切って前半終了。
後半も試合展開自体は変わらず、後半22分には美咲からの展開を早乙女が受けて独走、放ったミドルが決まって追加点、試合を決定付けた。
SSSは勝ったもののそろそろ連続起用の選手に疲労が見えるタイミング。また、2バック特有の展開とはいうものの、牧原不在のTLSに終始ボールを支配できないというのは如何なものか。
TLSは沢田がよく奮闘していた。オープニングシュートが決まっていれば展開は縺れていたはず。負傷者の戻る次節で巻き返しを図りたいところ。

(拾)
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]