忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.08.21,Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2007.03.06,Tue
・HAN
今季より「響野エンジェルス」と改名、新たなシーズンを迎える。昨シーズンは最下位争いを演じるという不本意な成績だったため、今季は上位争いに顔を出したいところだ。
他チームが大幅な戦力の入れ替えを進める中であえて新戦力を最小限に留め、既存戦力を生かした形での戦力の底上げを図る。最も大きな変化はDFライン。昨季の4バックから3バックへ、高さと強さに優れる3人を並べて失点減を図る。
それに伴ってサイドバック主人をトップ下へコンバート。中央付近はプレッシャー、密度とも高いため主人の走力が生きないのでは、の懸念はあるがそこで利いてくるのが低いDFライン。八重、藤堂、水島はいずれも合わせるのが初めてで不安はあるが、低いDFラインに釣られて相手が全体に上がってくるようだと主人の前には広大なスペースができる計算。森島タイプのトップ下として有効に働くのではないだろうか。
また監督が代わっておらず、上積みも計算しやすい。今季台風の目になるとすればここと見る。


・SSS
昨季は得点力不足にあえぎ、総合最下位。6月以降勝ちなしと絶望的な状況に離脱するメンバーも多く出た。最下位脱出云々よりチームとしての建て直し、基礎作りの一年となるだろう。
失点だけなら上位陣にもそう引けは取らなかったのだが、そのDF陣は全員退団。穴埋めに丸井高のDF陣をそのまま補強、連携の不安は解消されたが如何せんルーキー。ユースからの昇格も多く、後進の育成に熱心とも取れるが、裏を返すとトップチームのレベルが下がっているということでもあり、安穏とはしていられない。
攻撃陣はエース清水が残留は好材料だが、ただそれ以外の駒が見当たらない。新加入の松岡に期待しなければいけない状況はあまりに厳しいと言わざるをえない。

(拾)
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]