忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.08.21,Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2008.02.29,Fri
SSSとSCMでタイトルを席巻した感のあった昨シーズンにおいて総合で3位、ファースト、セカンド両ステージで最後までこの2チームに食らい付いていた。ウインターカップでも準優勝、チームのポテンシャルの高さは既に証明済みといえる。

チームは昨季をベースに熟成の上積みを図る形。幾つかの陣形を使い分けていたが、それをさらに高度な水準で選択、機能させることが課題となるだろう。数字上で見る限り上位2チームとの最大の差は失点であり、ここを圧縮することがタイトル奪取への最短距離となるはずだ。DFラインは右に加藤を使う形が主となりそうで、加藤はスピードと攻め上がりが魅力ではあるが昨季の先発出場はあまり多くなく、ここのフィッティングがまず課題。周囲との連携を高め、攻撃にも貢献できれば攻撃のオプションを増やすことにも繋がる。

攻撃はセカンドステージでブレイクを果たした藤堂と、チャンスメイクの音無。この組み合わせで結果も出ているのだが、単純にゴール数で見ると藤堂、鬼澤という組み合わせも充分魅力的ではあるだけに悩みどころとなるだろう。

伝統的に固定したスタメンを弄らない方針で、その手法は議論の的となりながらもコンスタントに結果を残してきたが、あと一歩が及ばなかったのも事実。豊富なバックアップを生かす面からも何らかの動きがあるべきなのかもしれない。

(拾)
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]