忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.06.27,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2008.02.27,Wed
昨季はWカップを制覇して悲願の初タイトル。リーグ戦を見てもファーストステージでは失点数が二位、セカンドステージでは得点数が二位とチームの構成人員に制限を受ける中奮闘し、チームに充分なポテンシャルがあることはすでに証明出来ている。中位脱出が目標となるところだ。

守備に関しては3バック3ボランチ、6人で守備ブロックに壁を作って蓋をする、まさに「ヒビナチオ」。セカンドステージでは陰りが見えたが、ファーストステージで見せた堅守を再現し、セカンドステージでの爆発を上積みできればリーグ制覇は充分実現可能な数字である。メンバーが全員昨季のままであるということも連携ではいい方向に働くだろう。
攻撃はオープンな3トップ、これも前年を継続。そのため少なくとも昨季並みの数字は期待したいところで、ここにプラスアルファを求めるためにも早乙女、和泉(恭)といったウイングタイプの選手がアクセントを付ける起用が必要となるか。
セカンドステージMVPの陽ノ下、WカップMVPのマクグラス、もはや代表に欠かせない八重、ファーストとセカンドでコンスタントに数字を残した伊集院と神条、さらには絶対的スーパーサブ赤井と各ブロックにタレントを事欠かないチームであり、ことスタメンに関しては攻守ともに安定している。ただそれゆえにバックアップが寂しい部分はあり、リーグ戦で伸び悩んでいる理由の一因ともなっている。
積極的な補強を行わないチームカラーもあり、各ポジションで控え選手の成長と突き上げがリーグ制覇には何より必要なのだが、バックアップメンバーの登録ポジションを見るとフォーメーションが変わらない限りは出番が回ってくることは少ないと予想される部分でもあり、モチベーションの管理も含めてリーグでの監督歴最長となった主人監督の手腕が注目される。

(拾)
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]