忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.06.23,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2007.03.18,Sun
・PSMマッチレポート
(3/18 14:00Kick Off 摘美浜スタジアム)

  EWI  SCM

    0 - 2
前半  0-1
後半  0-1

得点者
38分 9 桐屋 ← 10 神条(SCM)
77分 20 若林 ← 2 野咲(SCM)

警告
90分 5 宗像(SCM)

WOM
桐屋(SCM)
初出場で先制点を挙げ、それが決勝点。FWの存在感が薄いチームに今後の希望をもたらした。

・前回2点ビハインドを追いつき、悪い流れではないEWI、今回はホーム摘美浜の杮落としにPSM初登場のSCMを迎える。2失点の反省を踏まえて4バックに振ってきた。一方SCMも4-4-2と、従来とは違う布陣の4-4-2でオプションを模索する様子。
試合の方はホームの利を得て攻勢に出るEWI、それを受けるSCMの形で進んでいたが、特にゴール前でのシーンも少ないまま前半終了も見えた前半38分。神条、波多野の連携から抜け出し、神条が放ったスルーをダイレクトで桐屋が押し込んでSCM先制。
後半になるとEWIの攻めは鬼澤を中心に加速するが、あと一歩ゴールを割ることが出来ない。ホームで一点ビハインド、となれば前懸かりになるのはやむを得ないところか。後半32分に若林のループが決まり、この時点で勝負あり。
SCMは受けに回る試合展開ながら、チャンスを確実に決めて加点、勝利を得た。得点が新加入の選手であることも大きい。ただ2点リードで終了間際、しかもピッチ中央の宗像のイエローは明らかに余計だった。
一方EWI、勝利こそならなかったが新加入の鬼澤は前試合に引き続いて好調をアピール中。相方探しが次の課題となる。

(拾)
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]