忍者ブログ
TMリーグ唯一、TMFA公認サッカー新聞!!
Posted by - 2017.10.17,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Akira Hirota - 2007.03.18,Sun
・PSMマッチレポート
(3/18 14:00Kick Off ポートフェリオ)

  HAN  WBL

    1 - 2
前半  0-1
後半  1-1

得点者
22分 8 桜井(WBL)
62分 8 桜井(WBL)
76分 14 和泉穂(HAN)

警告
56分 29 マクグラス(HAN)
76分 2 鞠川(WBL)

WOM
桜井(WBL)
2得点を挙げ、アウェーでの勝利に大きく貢献した。

・先のPSMではスコアレスドローのHAN、ホームにWBLを迎える一戦。ピッチ外でもいろいろとある両チームだけに成り行きは注目される。
HAN、WBLとも4バックといきなり情報戦の構えか?
前半は短いパスを繋ぐHANに少ない手数でクロスまで持って行くWBL、の図式で進み、試合が動いたのは前半22分。フリーキックからの混戦、紛れたところを桜井が蹴り込んでWBL先制、そのまま前半を折り返す。
後半も押すHANに受けるWBLの図式は変わらないまま後半17分。井上の突破を基点にまたも桜井。一人かわして決め、WBL追加点。HANは伊集院を中心に攻撃を構築、攻め立てるがあと一歩及ばない。後半31分に和泉(穂)の芸術的FKが決まって一点を返したが反撃はここまで。WBLは現在のところ唯一のPSM2連勝を果たした。
勝ったWBL、アウェーでの戦い方を鑑みてあまり前に出ず、受けて立った形が好結果をもたらした。桜井二得点などRMS勢も特に問題なくフィットしているようで順調な仕上がりを伺わせるが、結局「実質監督」八重の穴については未知数なまま。西村にRMSでの経験はあるが、実戦をこなしておく必要はあったのではないか。
一方HAN、敗れはしたが、今後あまり使うシステムにも見えないため、そうダメージは大きくないのではないか。ただ、トップ下コンバートの主人はこの日前半のみで交代と、このシステムに関しては負荷が掛かっていることが伺える。

(拾)
PR
TrackBack URL
TrackBacks
最新トラックバック
(02/13)
(12/20)
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]